Exhibitions
Artists
Have a new understanding
News
Information
Facebook

 

-ウは宇宙船のウ -
2011/11/7(月)〜11/26(土)

夢の光景も現実に眺めた光景も、網膜に残されたもののように目を閉じていても見える、同じ眺めていたものである。
ものを見ることは人の心理であるが無意識に働く機能でもある、心にとどめる、
心に宿るものになるためには身体と共に感じうけとめなければならない、そして幾重にも積まれたものは層となる、
その断面にあるいろいろな私のかたち、幼い頃の家、小さい庭よりも大きな鯉のぼり、初めての自分の机に貼りつけたシール、
秘密基地で行方不明になったおもちゃ、百科事典で出会った異国の人々…それは私の大切な記憶へと変化する、
化石化するものもあれば地上を目指し浮上してくるものもある、そして目や手が動きだし心と結びつく、
このような積み重ねを探究し発掘することが私の作品、ものづくりなのだろう。

Copyright-c 2009 Gallery Fukuzumi All Rights Reserved.