Exhibitions
Artists
Have a new understanding
News
Information
Facebook

 

徐 庸宣展
- Face -
2009/5/11(月)〜5/29(金)

東洋美術の伝統と山水画についての関心から松の木を描いた以来、朝鮮王朝史の悲劇的事件 (廃位された端宗や、その王を守るために死刑に
処せられた死六臣の物語)、 現代都市の象徴である地下鉄の風景、都市人の肖像、現代の都市風景などを主に描いた。
 
絵画制作の合間に立体作品を試みているし、現代美術の多様な実験に関心を持っているが、特に身体によって現れる自然な筆致に注目している。
美術の概念や、芸術という行為の本質を探りながら、人々が生きる方法や、その状況、 考え方に興味を持ち、
街で通り過ぎる人々を主要なテーマにしている。
 
2007年に、歴史をテーマとした福住画廊での個展に引き続き、今回の展覧会では、主に自画像と人物画を主観的な色彩で表現した絵を出品する。
ドローイングも何点含まれている。
 
美術評論家である千葉成夫は、徐庸宣の作品について 「僕が表現しようとしているのは「人」であり、「人々」である。
僕の意図としては, 「人」ないし「人々」を 総体 としてとらえようとしているのだろう。
だから 「 針」は,「歴史もの」と 「自画像」とのあいだで大きく振れて動く」と述べた。
1995年の以来、韓国のヤンピョンのスダジオで制作活動をし、2009年 7月に韓国の国立現代美術館での個展を準備している。

Copyright-c 2009 Gallery Fukuzumi All Rights Reserved.